メニュー

ワクチンの基礎知識 - あいさか小児科

〒529-1601 滋賀県蒲生郡日野町松尾2丁目88-7

予約専用ダイヤル tel:0748-53-8241

tel:0748-53-8139

お問い合わせ

医院案内

予防接種

ワクチンの基礎知識

定期接種と任意接種とは

vaccination_image_02.png

定期予防接種には、ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、4種混合BCG、ポリオ、麻疹風しん、日本脳炎などがあり、これらは国が受けることを積極的にすすめている予防接種です。これらは、定められた接種期間であれば、すべて無料で受けられます。

任意予防接種は、上記以外のワクチン(ロタウイルス、おたふくかぜなど)で、病気の流行状況などにより「受けた方がよい」というものです。有料となります。

接種出来る年齢(月齢)になったらできるだけ早く受けましょう

ワクチンは、それぞれに接種できる月齢や年齢が決まっています。この接種年齢は、病気にかかりやすい時期とワクチンを安全に接種でき、高い効果が得られる年齢を考慮して決められています。ワクチンは「受けられる時期が来たら、すぐ受ける」ことが基本です。

同時接種をうまく利用しましょう

0歳代で接種するワクチンは種類も多く、接種回数は10回以上になります。または生ワクチン接種後(BCGやロタウイルスワクチン)は4週間あけなければなりません。

そのため、これらを単独で接種すると、約5か月間にわたってほぼ毎週接種することになり、時間的、体調管理などの負担が大きいと言えます。

そこで、できるだけ早く体調の良いときに早く免疫を獲得するために、世界中で行われているのが同時接種です。これにより必要な免疫をより早くつけることができます。

ワクチンはかかりつけ医で接種しましょう

ワクチンは日頃の体質、体調管理を任すことができるかかりつけ医で受けましょう。日野町外にお住まいの方でも、あらかじめお住まいの地区の保健センターに申し出ていただければ、本院でワクチンの接種を受けることができるようになっています。

一般的なワクチンの種類、接種スケジュールについて

VPDのページ日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールを参照して下さい。
接種の進め方で迷われた場合は、一般診察の時間に予約を取って来院してください。望ましいスケジュールを一緒に考えましょう。

ワクチンの接種間隔について

ワクチンの種類によって、次に受けるワクチンまでの接種間隔が異なります。いちど予防接種を受けると、次の接種を受けるまで一定の期間をあけることになっています。

ロタウイルスやBCGワクチンなど生ワクチンのあとに別のワクチンを接種する場合は4週間(中27日)後の同じ曜日から、ヒブや小児用肺炎球菌、四種混合(DPT-IPV)ワクチンなど不活化ワクチン(トキソイドを含む)の場合は1週間(中6日)後の同じ曜日からです。

同じワクチン同士の場合は、それぞれ決められた接種間隔が必要です。

けいれん、アレルギーのある方へ

熱性けいれんの場合、基本的にはすべて接種可能です。

ただし、ワクチンの副反応で発熱した場合のけいれん予防など、具体的に対策を相談しておくことが必要です。アレルギー体質というだけで、接種不適当とはなりません。卵アレルギーの患者さんでも、インフルエンザワクチンはほとんどの場合、接種が可能です。本院では十分な問診や、予備テスト、接種後の体調観察などを実施して積極的に接種を行っています。